4/1エイプリルフールのネタ

各企業、年に一度のお祭り騒ぎで大変盛り上がる日、エイプリルフール
先のブログの拍手コメントで「どっか別のとこで活動してるの?」という匿名での問い合わせがあったので、
全然そんなことはなくただ単にサボりにサボっているだけということを証明するためだけに、
時を越えて四半期ぶりの更新をします。

全然、おもしろネタとかの用意は無いのですが、強いて言えば先日から妻が妻方の実家に戻ってしまったため
今日から一人暮らしみたいな感じ(※だが実家ぐらし)になりました。
里帰り出産で5月末を予定。つまり2ヶ月も先。さらに言えば生まれてしばらくは向こうにいるのでだいたい今日から
半年くらいはこの状態。

うん、長いね。
うわー、長い。途方もない。

最近何してた?っていうと、家の高圧洗浄機が壊れたので修理してました。
検索すると結構、自分で直す人いるのね。すごいよね。
自分はまだ直ってない。故障内容は凍結によるひび割れからくる水漏れだったので、
破損箇所を修理というだけのことだったのだけど、なぜか水道に接続するとモーターが動かないの。
水道に接続しないと動くんだけどね。
先週あたりからそこで作業が止まってる。

あと最近は雪見だいふくをよく食べてる。
アイスでは一番好きかも知れない。
最近、ツテで無料で食べさせてもらってるハーゲンダッツよりも美味い気がする。
雪見だいふくって夏季は販売していなかったんだけど(去年はあったけど)、今度から通年で販売することになったとか。
嬉しいような、「今年も雪見だいふくが売り始めた!」「そろそろ売り納め!」ていう風物詩がなくなる寂しさもあったり無かったり。

今はそんな感じ。
スポンサーサイト

年の瀬も近づき今更更新なぞに勤しむ

今年、これが最後の更新かもしれない(迫真)

特に意味も理由もなく更新をサボりはや数ヶ月。今年も終わりに向かってカウントダウンを始めた年の瀬。
師走も師走ながら、近頃は今まさに雪がふらんばかりの気候。
何はなくとも今年は悪天候にも関わらず、お米が最低限のギリギリ収穫できたのは僥倖。
とはいえ、去年の半分くらいですよ、もうやめようよ稲作。天気関係なくウチは向いてないよ農業。
そんな魂の叫びを押し殺して秋を終え、なんだかんだと稲刈り中に食べる妻のお弁当は美味しい。
改めて今年を振り返って(アマゾンとかヨドバシ・ドット・コムの購入履歴)思うことは電子書籍に手を出すという初の試みによって得られた教訓もある。うん、データで書籍を管理できるってすごくいいね。だって買ったらすぐに読めるし、いつでも読めるし、場所取らないし。電子書籍はサービスを提供している業者が撤退したときが恐ろしいと言われるが、それで失って、それでもまだ読みたいものはまた買えばいいだけだし、と割り切ることができる。いや、とにかく場所を取らないってのは利点。だって物理的に本だと、最悪ネズミに齧られるし……、実際齧られて捨てた本あるし。妖屋狂都君に「そういう事情だから引き取ってくれ」と正直に言ったら断れたし。
今年の冬は、なんか雪がヤバイ!お前の車は二駆だし買い換えろと地元メンズに脅迫まがいの提案を受け続け、そしてついに日産エクストレイル2013年式の購入検討に踏み切るも、やはり今の車(三菱コルトプラス)が凄く好きすぎて手放せず、もう少しだけ乗っていようと決意したという経緯もありつつ、でも実際に雪降った暁にはまた「坂が登れない、迎えに来て死んでしまう……」と涙目になることは想像に難くない。きっと数カ月後には四駆車に変えなかったことを後悔しているだろうが、それはそれでしかたないと諦めている。
7月ころに仕事の相方が辞めて以降、意味不明なまでに仕事が忙しく、やや悟りの境地紛いに至る。残業時間が超過(と言っても60時間、まだまだヌルい)したため、最近は平日に休みを取ることを強要されるも、そんなのお構いなしに仕事の電話やメールやクレームや、辞めた相方の変わりに入職した新人さんからの問い合わせがしこたま来るため、もはや休日ではなく在宅ワーク。だからウチは携帯の電波弱いと言うとるのに。
以上

さーて、次回の更新は~(やけくそ)

赤パプリカの収穫

速攻、調理したので元の画像はない。

春から育てていたパプリカがようやく赤くなったので収穫。

ビニールハウスの中で育てているけれどいまいち育ち悪いのは養分足りないせいか?

調理後の姿は左下。

20170803.png

明確に使いみちを決めていなかったのでベーコンと炒めてゴマと醤油で味付け。

パプリカはビタミン豊富で、かつ高価な野菜です。

一つ150円くらい。
対してピーマンは4個で80円くらい。
その差、歴然。

いや、ピーマンも食材としては大変優秀なのですけどね。
活躍の場は多岐に渡り、肉詰めになんてするとそれはそれは美味しい上に緑とケチャップの赤が
オカズとして良い彩りになるので決して無碍にできる存在ではないわけで。
ただ、150円のパプリカには一種の憧れ的なものも抱いてしまうわけで。
「買って!」って頼んだら高いから却下されたりしたわけで。
食べてみると色以外にピーマンとの差異が感じられなかったりするけど、やはりパプリカは良い食材。
とにかく、今年はミニトマトも育てているのでお弁当の彩りには事欠かないであろうことは間違いない。

10万キロを超えた

自分の車、6年と少しでODOメーターが10万キロを突破。

6年が早いのか遅いのか、人によって感覚は違えど、やはり節目の一つではあると思うわけです。

一昔前ならタイミングベルトの交換時期ですが、昨今の車はベルトレスで、例に漏れず自分の車もベルトレス。

10万円くらいの交換費用が浮くのは大変ありがたい。

6年目、10万キロで車自身の調子はといえば
・元々だけど、なんかエンジンブレーキのかかり具合が強すぎる
・ラジオにするとノイズが走る
・塗装がだめになっているところサビ浮いてる
くらいのもので、走行上支障ない感じ、いや塗装は直さねばと思っているんですけどね。

乾燥エビは一度水で戻してから使うもの

最近買ってもらった料理の基本の本に書いてあったわけですが

30ウン年生きてて初めて知った新事実に衝撃が走る。

えぇ、そうだったの?じゃあ試さねば、と思い立ち、妻のお弁当に入れる卵焼きに入れる干しエビをお湯で戻したわけですよ

本当はエビとキャベツのナムルにしようと思ったのだけど、ごま油が無いため断念。

で、戻したエビよ

すげぇ、磯臭いでやんの

なんか、水槽みたい。


悪い意味で鮮度が戻り、やっちまった感が凄い

なにがヤバイって、コレ弁当に入れたら軽いバイオテロじゃね?って危惧するくらいの臭気。

とりあえずオリーブオイルで丹念に炒めてから卵焼きにしてごまかして事なきを得る。

ちなみにそれを実際に食した妻のリアクションは

え?エビ?
入ってたの?

でした。

それはそれでオチが弱いと思いつつ、

お弁当のオカズを作る際にエビを戻すのは二度とやらないと誓いました

プロフィール

ハトスク

Author:ハトスク
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード