スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車を買わねばならんのだが……

今の車が「次の車検まで生き残れると思わないことだ」感、たっぷりのため買い替えを検討しています。
中古で売れるかオンライン見積もりしたら「0円、むしろ金取る」という回答。
なんと自分は廃車に乗っているそうです。

とりあえず今のとこの三菱のコルトかコルトプラスかekワゴンか、といったところ。

軽しか選択肢が無いなら断然、ekワゴンと言うくらい惚れ込んでいるのですが。
(収納スペースがバカみたいに多いし乗り心地も悪くなかったので)

普通車じゃないと遠乗り時に少々不安が残るわけで。

かなり長いこと悩んでいるわけですがヘタをすれば一生で最後に買う車になる可能性も否定できないので慎重にならざるを得ないのです。

スポンサーサイト

バトルスピリッツ ブレイヴを16話まで視聴

s-noFlash[1]


知人が製作に携わっている関係もあり、名前だけは知っておりましたが、ここ数日の後輩からの執拗なまでの勧誘を受け視聴を開始、
「面白いか面白くないかは見てから判断して下さい。いま放送中のどのアニメよりも絶対面白いです。他のアニメ見てないけど!!」
という矛盾だらけの言い分でしたが、あの面倒臭がりのNが一気に視聴したとあらば見ぬわけにはいかないのです。

ブレイヴはバトスピシリーズの第三期で、第二期の続編として描かれていることもあり登場人物の多くは二期からの続投のようですが、前作を見ていなくてもさほど困らないように配慮されています。むしろ時々挟まれる小ネタが前作への興味を引き立てる話作りとなっています。

魔族に支配されかかっている未来の地球が舞台であり、戦いは概ねカードでケリをつけます。
なんで人間と魔族がカードで戦うねん、と突込みたいところですが、そこには設定に裏付けられた理由があり決してギャグでやっているわけではないというのが見所。
当初は近代兵器を用いて魔族と戦っていた人間側でしたが圧倒的な戦力差で地上の半分以上を魔族に占領されてしまい、占領された地域では人間は魔族の奴隷として(それなりに人権を守られている様子で)暮らしています。
当然のように魔族に対して反旗を翻す人間もチラホラ現れるのですが、ガチで殴り合いをしても魔族に勝ち目のない彼らは「カードバトル」で戦いを挑みます。
実は魔族もカードバトルが大好きで、人間と正々堂々と(一部除く)戦い、勝負の結果次第では相手の言い分を飲んでくれるのです。
人間よりも遥かに誇り高く義理にも厚い彼らは、たとえ人間であろうと強いカードバトラーであれば敬意を払うことを厭いません。
そして伝説のカードバトラーである前作主人公は時代を超え未来に召喚され、地球の危機に立ち向かう。
世界観はだいたいこんな感じです。

16話まで見た感想ですが、いわば王道を重視して基本的な部分を真面目に、丁寧に描きながらもこの物語独自の魅力を描こうという強い意欲のある作品だと感じました。
実際ここまで設定と物語、登場人物の相関や立ち位置について綿密に計算されたアニメというのはあまり見ない気がします。

001[1]

主人公『馬神 弾』(以下ダン)が一言で「カッコイイ」。男でも惚れるほど。
昨今ではかなり珍しい部類です。
心は熱く、頭脳は冷静で、大局的な視野を持ち、仲間達の信頼を集める絶対的なカリスマ性と実力を兼ね備えた、いわば主人公の鑑として描かれています。

002[2]

ヒロイン『紫乃宮まゐ』(以下マイ)は表に強く出ることはありませんが、あくまで主人公を支え、物語に花を添える立役者として振る舞う姿はとても可愛らしくもあり美しくなんていうか有り体に言って好きですというか大好き

昨今のアニメとの大きな違いだと感じたことなのですが、例えば今冬に放映を開始したアニメの主人公はその大半が「ヘタレ」であり、どちらかというとヒロインに先導されて物語を進めていく、もしくはヒロインが物語の主軸で構成されています。
今季に限らず、基本的に現代の主人公は多数のヒロインに囲まれ振り回される巻き込まれ型の場合が多い傾向にあるのは疑いの余地はありません。
視聴者側が感情移入しやすいため、というのが理由の根幹にあるのでしょうが、そんな中でダンのような昔ながらのヒーロー性と、記号的な萌え要素を排除したマイの慎ましいヒロイン性は逆に新鮮に映りました。
彼らを取り巻く仲間たちや、敵である魔族もそれぞれ個性豊かで、その人物像を形作る背景や信念が時にぶつかり合い、時に絆を生むというドラマ性の高さは必見です。

キャラクターではなくシナリオで魅せることに意義がある。
こういうアニメが見たかったのだよ!という後輩の意見にも頷けるものがありました。






バトルスピリットというカードゲームが全ての中心となっていますが、それを生かした設定や演出が随所に練り込まれており、大変忠実に再現されている様子。
実際にルールを知っているとバトル中の駆け引きがよくわかるようです。自分は基本的なルールの補足説明を受けただけでも面白さが倍化しました。


長々と述べましたが、かなりお勧めの作品だと思います。
現在放送中のため今後の展開がどうなるかはわかりませんが、このまま失速せずに完結することを期待する一方で、「必ずや最後までこの勢いを貫いてくれるに違いない」そう思わせてくれるほどの底力を感じました。

ただ、一点問題を上げるとすれば時間帯が日曜日の7時なのでリアルタイムの視聴は極めて困難です(睡眠欲的な都合で)。

続きを読む

大雪の中

いつもどおりに車で走っていたらカーブで曲がりきれずに縁石に衝突して弾かれて

その様はまるでパチンコ玉のようでいて


正直、舐めてました冬の道。
仮にも雪国育ちだというのに

4月頃から携帯会社を問わず機器を使用できるようになるとか。

また、春にはauのIS04が発売予定で実は期待してます。
しかしその反面、今年中にiPhoneがauから出るという情報も。

今使っているW51Tがかれこれ四年もので電波が立ちにくくなっていたり充電が持たなかったりで買い替えの時期が近そうなのですが、欲しい携帯が無いのが実状。

サクサク動いて高機能なスマートフォンが欲しいのですが。
ついでに落としても壊れない頑丈なの。

今はまだ時期ではないのか……。

2011年始まる。

デジタル時計を思い浮かべてください。

22時は午後10時ですね?

だから平成22年は西暦2010年でした。

今年は平成23年なので時計なら23時=11時。2011年です。

続きを読む

プロフィール

ハトスク

Author:ハトスク
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。