FC2ブログ

バトルスピリッツ覇王 第12話

子供向けアニメとは思えないシリアス(笑えない)展開を繰り広げたシリーズの最新作『バトルスピリッツ覇王』。
路線変更により平和な世界観を構築している今作。

ユーロチャンプのアントニーが温泉宿の何処かに隠した「刀の覇王ムサシード・アシュライガー」を見つけた者に、このカードを与えるというのが今回のお話でした。

鳩が咥えて持ち去った「刀の覇王ムサシード・アシュライガー」略して「ムドー」。

主人公、陽昇ハジメは弟分のコウタと共に文字通り、草の根をわけてカードの行方を捜索。

一方、ライバルであるテガマル組は仲間のチヒロが「ムサシっていうくらいだから、刀の中?」という訳わからん戯言を真に受けて鞘の中を覗くというお茶目な面を見せたりしていました。

最終的にはテガマルの「木を隠すなら森の中、カードを隠すならカードの中」というよくわからない推理で、なんとカードの自動販売機の中に隠されていたムドーを発見。

第一発見者であるテガマルがムドーを手にしました。

さすが上司にしたい小学生ナンバーワンの棚志テガマル。
真の主人公という二つ名は伊達ではありません。



鳩が持ち去ったはずのカードがなぜか自動販売機から出てくるという嘘のような本当の話。


どんな技巧派だよ鳩。

なんというギャグ回。




images[8]


そう思ったアナタの目は節穴です。


そもそも今回の試練。

ユーロチャンプであるアントニーは実力のあるカードバトラーにこそ、「ムドー」を持つ資格があると考えました。

鳩が適当にどこかに隠したカード。

地道に時間さえかければやがては見つかるでしょう。

しかし、それはただの偶然。バトラーとしての実力とは関係ありません。

主人公たちの前で鳩にカードを咥えさせ何処かに隠させたのは、ただのブラフ。

パフォーマンスに過ぎません。

鳩が一旦隠したカードを回収して入れたか、あるいは既に自動販売機に入れておいたか。

どちらにせよ、自動販売機にカードを隠したのは鳩ではなくアントニー本人でしょう。

彼の思惑にいち早く気づいたテガマル一行は、それゆえにカードが関係しそうなところを重点的に探しました。

その結果、彼らはムドーに辿り着いたのです。

鞘の中にカードが入るわけねーじゃん!と思いながらも、部下の意見を笑いもせずにムドーの有無を確認するテガマル。
器の広さを感じさせます。

一方、コウタがノボセていることに気づかず、無駄に温泉宿の中を走りまわらせてしまったハジメは
アントニーが鳩にカードを隠させたと信じて疑うことができず、彼の策にまんまとはまってしまったのです。

この対比は非常に興味深いものでした。

今後、彼らがどんな成長を遂げるのか楽しみでなりません。


パッと見れば普通の子供向けアニメの荒唐無稽なギャグ回。
しかし、その裏側にはとんでもないカラクリを忍ばせるという、恐るべきストーリー構成に感服しました。今回のシリーズもやはり一筋縄ではいかないようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハトスク

Author:ハトスク
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード