「肉を斬らせて骨を断つ」の割に合わない感

いつもなら自分で散髪しているんですよ、バリカンで

突然ですが

ただ、その日は予定があったのでやや急ぎ目に散髪していて、途中でなんかぼーっとしてて

気がついたら結構アレな感じになってて、髪型が

まぁ、いいやと思ってそのまま出かけた先で知人連中に

「これはひどい」

と酷評コメント。特に後ろが右と左で違いすぎて

「ないわー」

となり、

「よっし、いっちょ俺らが散髪してやるよ!」

となり、

抵抗虚しく

「ここ刈ればいいんじゃね?」
「うわ、そこいっちゃう?」
「やっべぇ!超面白い!!」
「これは、受ける」
「いや、俺ら結構うまくね?」

などのセリフを黙祷しながら聞くことしばらく。

最終的に、シャンプーが無いからという理由でママレモンで洗髪された挙げ句、
当社比史上初レベルの短髪へと進化を遂げた我が頭部よ。

家に帰ったら父母が
「え?」
「なに?え?」
と勢いよくキョドる

「流行りの髪型らしいよ」

と嘯くものの、もうシャンプーいらないじゃんね?というレベルの頭皮がスースーしてヤバイ

このまま職場行ったらどんだけ注目されるねん、と憂鬱になる

結果

なんか職場での評判はうなぎ登りで上昇したというトンデモ落ちがついたという、世にも奇妙な物語

もう、最初、どんだけ周り気遣ってんねん、と思ったね。まじで

しかし、散髪した面々の思惑通り今風に仕上がっているらしく、

「イメチェン成功だね!」

というやや目測を誤ったような評価をいただく。

イメチェンっていうか、もはや事故みたいなものなんだけど

「お前、一歳若返ったよ!」

と言われもしたが、それだいぶ僅差だと思う。
ていうか、今週一歳年取ったし、プラマイゼロですかね。

とりあえず、寝癖が立たないので朝の準備が楽になったのは利点

しかし、髪が少ないと直射日光ヤバイね、頭が沸くわ、ほんとこれ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハトスク

Author:ハトスク
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード